イベント名 5月例会(5月16日火曜日18時開始―講演会有)のご案内<例会のみ参加>★★
開催日時 2017/05/16 18:00-20:00
場所 青山オーバルビル15階 ナジックプラザセミナーホール
場所URL https://keiriken.net/map_najicplaza.pdf
内容

5月の例会のご案内を差し上げます。
4月は60名を超える出席と、早稲田祭実行委員メンバーや早稲田大学ボート部の学生の早慶レガッタ勝利報告もあり、懇親会まで大いに盛り上がりました。

 会場の都合で、18時スタートとなりますが、お仕事の都合で遅れての参加も大丈夫です。
 また、5月も講演会を行います。
 是非とも不動産稲門会にて交流を深めていただき、ビジネスに懇親にお役立てください。

 出席の表明は、不動産稲門会のホームページへのログインにてお願い申し上げます。
     http://ftomon.heteml.jp/

<概要>

第1部 例会 18:00~
1.山森代表世話人挨拶
2.各部会報告(重要なもののみ)
3.成約事例報告
4.新入会員紹介
5.その他
 
第2部 情報交換会 例会に引続き~19:00
(資料を作成して5月14日までに鈴木副代表世話人までメールもしくはFAXにてお送りください。)
<5分休憩>

第3部 講演会 19:05~20:00

<セミナータイトル>
民泊新法(住宅宿泊事業法)施行後の民泊市場の行方・企業の動向
 
<講師>
原 康雄様
株式会社オックスコンサルティング代表取締役
MINPAKU.Biz編集長
 
<セミナー概要>
政府は3月10日の閣議で、住宅やマンションの空き部屋を旅行者らに有償で貸し出す
「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法案(民泊新法案)を閣議決定しました。
商業的な利益追求を目指す法人ホストや民泊施設運営事業者にとって、
民泊新法の制定は今後の事業方針に大きな影響を与えることになりそうです。
民泊市場への参入を検討している企業の多くが、これを受け事業方針の転換を検討しています。
本講演では、民泊市場の現状と今後の行方、各大手企業の動向についてお話いたします。
 
<講師の略歴>
京都府出身。
同志社大学工学部卒業後、国内人材サービスのリクルートキャリアに勤務。
主に人事制度設計・新卒採用、事業企画に従事。
2015年オックスコンサルティングを設立。日本最大の民泊情報メディアを運営し、
また、旅館業許認可取得を前提としたマンションの企画・開発から、
民泊・ホテルの集客・運用支援サービスまで多岐に渡って事業を展開。
「民泊の法的リスク」と「具体的なリスクへの対応策」や「マンションの新たな収益化モデル」など、
主に不動産関連の法人様向けに講演・セミナー実績多数。
        
参加費:例会のみの参加者は1000円になります。

参加費 1000 円
参加人数 8人
参加者
  • 杉山 卓
  • 鈴木 克己
  • 野中 信男
  • 風祭 康明
  • 柿沼 洋
  • 本間 洋希
  • 田中 理恵
  • サラン トナラ
欠席者
  • 日髙 孝史
  • 屋代 孝寿
幹事 齋藤 徹也
出席・キャンセル

イベントの出欠表明を行うにはログインしてください。