イベント名 平成29年第8回相続問題研究会
開催日時 2017/10/12 19:00-21:00
場所 大和不動産鑑定㈱ 東京本社A会議室 千代田区一ツ橋1丁目1番1号
場所URL http://www.daiwakantei.co.jp/
内容

不動産稲門会の皆様


10月の相続問題研究会を下記の通り開催いたします。


講 師:小嶋勝利 氏
    (株式会社ASFON/有料老人ホーム紹介センター「みんかい」)


テーマ:老人ホームで嫌われない為に・・・。
老人ホームではこんな年寄りは嫌われる!! 生活環境が変われば、当然、考え方も変える必要があります。自分が変われば相手(周囲)も変わる。


注目!!
不思議なぐらい、官庁や大手企業で中間管理職や上級管理職の職位にあった男性は老人ホーム内で嫌われる傾向があります。


現役を引退して20年以上経っているのに、気分は現役の管理職と変わらず、介護職員を自分の部下だと思い、平気で指示や命令を当たり前のように出して、介護職員から見事に嫌われてしまう入居者がおります。
当然、入居契約に基づき必要な費用を支払い、それに見合ったサービスを要求しているという理屈なので、それ自体を非難することはできません。しかし、物には言いよう、伝えようということです。頭ごなしに指示をするより、遠慮がちにお願いした方が、要求がスムーズに通り、さらに、サービスの提供に対し“おまけ”や“付加価値”が付くということも人の社会では多々あることだと思います。
老人ホームに入居し、嫌われている多くの大企業、一流企業、官庁などの元中間管理職、上級管理職の方は、このあたりのことにまったく配慮が見られません。


逆に、抜群の配慮を見せて、自分の要求をすべてスムーズ且つ有利に通してしまう入居者も存在します。中には、少し不適切な表現になりますが、介護職員を手なずけ、意のままにコントロールをしている「生き方上手」な強者も存在します。
現在の入居者世代は、まだまだ「男尊女卑」の教育を家庭や学校、職場等で受けてきている男性も多く、どうしても必要以上に女性職員に対し高圧的になってしまいがちです。


そもそも、老人ホームに入居する多くのパターンは、家族が「めんどくさい親の面倒を見るのが嫌だ」という動機で、老人ホームを探し、本人に入居を進め、結果、入居をするというパターンが多いので、自分勝手な入居者の存在は、いわば「当たり前」「日常の風景」と理解するべきなのかもわかりません。


勉強会では、このあたりを自覚した上で、老人ホームで好かれるための言動行動を伝授したいと思います。老人ホームは女性が支配している世界です。女性から嫌われたら「終了」です。


日 時:10月12日(木) 19時から21時
場 所:大和不動産鑑定㈱ 東京本社 A会議室
    東京都千代田区一ツ橋1丁目1番1号 パレスサイドビル3階
    URL:http://www.daiwakantei.co.jp/
会 費:1,000円


参加希望の方は、不動産稲門会ホームページより、エントリーしてください。


お問合せ先
事務局 成田創史
soshi-n@narita-zeimukaikei.com
 TEL 043-205-4248


相続問題研究会 川上明則・成田創史

参加費 1000 円
参加人数 9人
参加者
  • 青柳 周
  • 川上 明則
  • 鈴木 孝政
  • 宮坂 正寛
  • 齋藤 徹也
  • 成田 創史
  • 荒木 賢吉
  • 関 直文
  • 妹尾 善久
欠席者
  • 安澤 誠一郎
  • 菊池 克弘
幹事 成田創史
出席・キャンセル

イベントの出欠表明を行うにはログインしてください。